LINUX COMPUTING

export:環境変数を設定する

構文

export 変数名=値

説明

環境変数を設定する。設定された環境変数はシェルからexitするまで有効となる。

オプション

-p 現在のシェルの中でエクスポートされた変数を表示する

使用例

$ export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
$ export -p
---省略---
declare -x LD_LIBRARY_PATH="/usr/local/lib"
---省略---
目次
PR
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved