Linux Computing
  1. ホーム
  2. LinuxでEDA
  3. gnucap

Gnucap

Gnucapはフリーな回路シミュレータで、非線系なDC、トランジェント解析、フーリエ解析、AC解析が可能です。また、SPICE とは異なりミックスト・モード・シミュレーション対応となっています。

Gnucap は GNU Spice GUI (gspiceui) のシミュレーション エンジンの一つになっていますので、gspiceui を使う場合にはあらかじめインストールしておく必要があります。

gnucap のインストール

ソースからインストール

ソースからインストールするには、ソースパッケージ gnucap-2009-12-07.tar.gz をSourceForge.jpのGPL'd Electronic Design Automation ダウンロードファイル一覧からダウンロードし、適当なディレクトリで展開します。以下の例ではダウンロードディレクトリにあるファイルをホームディレクトリに展開しています。

$ tar xvfz ダウンロード/gnucap-2009-12-07.tar.gz

ソースパッケージを展開すると gnucap-version というディレクトリ(今回の場合は gnucap-2009-12-07)が作成されていますのでそのディレクトリに移動します。

$ cd gnucap-2009-12-07/

以下のコマンドを実行しコンパイル、インストールします。

$ ./configure 
$ make
$ sudo make install
[sudo] password for hoge: 

バイナリーパッケージからインストール

Red Hat系のディストリビューションでは yum コマンドでインストールします。以下は Feodra 16 での実行例です。

$ su
パスワード:
# yum -y install gnucap

インストールされるバージョンは gnucap-0.35 です。

Debian系のディストリビューションでは apt-get コマンドでインストールします。以下 Ubuntu 11.10 での実行例です。

$ sudo apt-get update
[sudo] password for hoge: 
$ sudo apt-get install gnucap

インストールされるバージョンは gnucap-2009-12-07 です。

gnucap の起動とシミュレーションの実行

端末から gnucap と入力すると gnucap が起動し、コマンド入力待ちになります。ここでコマンドを入力していきます。尚、終了するには exit とタイプします。

$ gnucap
Gnucap 2009.12.07 RCS 26.136
The Gnu Circuit Analysis Package
Never trust any version less than 1.0
Copyright 1982-2009, Albert Davis
Gnucap comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY
This is free software, and you are welcome
to redistribute it under the terms of 
the GNU General Public License, version 3 or later.
See the file "COPYING" for details.
gnucap>

今回は、 ~/gnucap-2009-12-07/examples ディレクトリにある eqboost.ckt を使用し、バッチ モードでシミュレーションします。ネットリスト ファイル eqboost.ckt をエディタで開き下から2行目を以下のように修正します。

.ac oct 4 31.25 32k >eqboost.dat

シミュレーション結果のグラフ表示

バッチ モードでのシミュレーションは端末から以下のように gnucap を実行します。

$ gnucap -b eqboost.ckt

Gwave で波形を表示させます。

$ gwave eqboost.dat &

変数リストから vdb(v37) 、vdb(31)、vdb(34) を波形描画パネルにドラッグ。

gnucap-eqboost.png(80511 byte)
目次
PR
コンテンツ
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved