Linux Computing
  1. ホーム
  2. LinuxでEDA
  3. GTKWave

GTKWave

GTKWaveは、Verilog 標準のVCD / EVCDファイルと同様にFST、LXT、LXT2、VZT、そしてGHWのファイルを読み取り、その表示をするGTK+ ベースの波形ビューアです。 GTKWaveは、オープンソースgEDAプロジェクトと提携したアプリケーションの一つです。

GTKWave のインストール

ソースからインストール

ソースからインストールするには、ソースパッケージ gtkwave-3.3.31.tar.gz を GTKWave ホームページからダウンロードし、適当なディレクトリで展開します。以下の例ではダウンロードディレクトリにあるファイルをホームディレクトリに展開しています。

$ tar xvfz ./ダウンロード/gtkwave-3.3.31.tar.gz

ソースパッケージを展開すると gtkwave-version というディレクトリ(今回の場合は gtkwave-3.3.31)が作成されていますのでそのディレクトリに移動します。

$ cd gtkwave-3.3.31/

以下のコマンドを実行しコンパイル、インストールします。

$ ./configure 
$ make
$ sudo make install
[sudo] password for hoge: 

バイナリーパッケージからインストール

Red Hat系のディストリビューションでは yum コマンドでインストールします。以下は Feodra 16 での実行例です。

$ su
パスワード:
# yum -y install gtkwave

Debian系のディストリビューションでは apt-get コマンドでインストールします。以下 Ubuntu 11.10 での実行例です。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gtkwave

GTKWave の起動と VCD ファイルの表示

Icarus Verilog でコンパイル、シミュレーションして生成したVCD ファイル (test.vcd) を引数として以下のようにコマンドラインから実行するとGTKWave のウィンドウが立ち上がります。

TOPの信号を全て選択して「Append」ボタンをクリックすると波形が表示されます。

目次
PR
コンテンツ
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved