LINUX COMPUTING

dmesg : カーネルのリングバッファの内容を表示する

構文

dmesg [ -c ] [ -n level ] [ -s bufsize ]

説明

カーネルのリングバッファの内容を表示する。システム起動時のメッセージを確認するのに便利である。オプションを複数指定した場合は、最後のオプションのみ有効となる。コンソールで
dmesg > start.messages
とリダイレクトすることで start.messages に起動時のメッセージが書き込まれる。

オプション

-c リングバッファの内容を表示した後、クリアする。
-n level コンソールに出力されるログメッセージのレベルを level に設定する。例えば -n 1 とすれば、パニックメッセージ以外のメッセージはコンソールに出力されなくなる。
-s bufsize バッファのサイズを指定して表示する(デフォルトは16392)

使用例

起動時のメッセージを表示する
$ dmesg 
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpuset
[    0.000000] Initializing cgroup subsys cpu
[    0.000000] Linux version 3.0.0-12-generic (buildd@vernadsky) (gcc version 4.6.1 (Ubuntu/Linaro 4.6.1-9ubuntu3) ) #20-Ubuntu SMP Fri Oct 7 14:50:42 UTC 2011 (Ubuntu 3.0.0-12.20-generic 3.0.4)
[    0.000000] KERNEL supported cpus:
[    0.000000]   Intel GenuineIntel
[    0.000000]   AMD AuthenticAMD
[    0.000000]   NSC Geode by NSC
[    0.000000]   Cyrix CyrixInstead
[    0.000000]   Centaur CentaurHauls
[    0.000000]   Transmeta GenuineTMx86
[    0.000000]   Transmeta TransmetaCPU
[    0.000000]   UMC UMC UMC UMC
[    0.000000] BIOS-provided physical RAM map:
[    0.000000]  BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009fc00 (usable)
[    0.000000]  BIOS-e820: 000000000009fc00 - 00000000000a0000 (reserved)
[    0.000000]  BIOS-e820: 00000000000f0000 - 0000000000100000 (reserved)
[    0.000000]  BIOS-e820: 0000000000100000 - 0000000077ff0000 (usable)
[    0.000000]  BIOS-e820: 0000000077ff0000 - 0000000078000000 (ACPI data)
[    0.000000]  BIOS-e820: 00000000fffc0000 - 0000000100000000 (reserved)
・・・以下略・・・
$
目次
PR
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved