LINUX COMPUTING

dd : ファイルを変換、コピーする

構文

dd [if=file] [of=file] [ibs=bytes] [obs=bytes] [bs=bytes] [cbs=bytes] [skip=blocks] [seek=blocks] [count=blocks] [conv=keywords]

説明

ファイルを指定された入出力ブロックサイズで (デフォルトでは標準入力から標準出力へ) コピーする。入出力の間に変換を指定することもできる

オプション

if=file file で入力ファイルを指定する。指定しない場合は標準入力となる
of=file file で出力ファイルを指定する。指定しない場合は標準出力となる
ibs=bytes 一度に指定したバイトのブロックを読み出す
obs=bytes 一度に指定したバイトのブロックを書き込む
bs=bytes 一度に指定したバイトのブロックを読み書きする
skip=blocks 入力ファイルの先頭から指定したブロックをスキップする
seek=blocks 出力ファイル中の指定したブロックをスキップする
count=blocks 入力ファイルから出力ファイルへ指定したブロックをコピーする
conv=keywords keywords で変換する内容を指定する

conv に指定できる主な変換オプション

noerror 読み込みエラーが発生しても継続する
sync isbで指定したブロック数に合わせる。不足分はNULLが使われる
notrunc 出力ファイルを切り詰めない

使用例

ディスクのコピー
# dd /dev/hda /dev/hdb
目次
PR
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved