LINUX COMPUTING

date : ファイルを検索する

構文

date [-u] [-d datestr] [+format] [-s datestr] [MMDDHHmm[[CC]YY][.ss]]

説明

引数を指定しない場合現在の日付と時刻を表示する。また、システムの時計を引数で指定された時刻・日付に設定する。この場合スーパーユーザー権限が必要となる

オプション

-d datestr 現在の時刻・日付の代わりに、 datestr で指定された時刻・日付を表示する
-s datestr 時刻と日付を datestr に設定する。datestr は一般的にわかる形式であればよい
-u 指定した時刻・日付が (地方時ではなく) 協定世界時のものになる
+format 指定された引数が + で始まる場合には、 date は現在の時刻と日付を表示する (あるいは -d オプションで指定された時刻と日付を指定する)。表示形式はこの引数によって制御され引数の書式は以下の「表示形式」を参照のこと。 % で始まるフィールドを除き、 format 文字列中の文字はそのまま変更されずに表示される
MMDDHHmm
[[CC]YY][.ss]
日付を指定し、別のフォーマットで表示する。MMは月、DDは日、HHは時、mmは分、CCは西暦の上2けた、YYは西暦の下2けた、ssは秒を表す

表示形式

%H 時 (00..23)
%I 時 (01..12)
%k 時 (0..23)
%l 時 (1..12)
%M 分 (00..59)
%p AM あるいは PM のロケール
%r 時刻、12 時間 (hh:mm:ss [AP]M)
%s 1970-01-01 00:00:00 UTC からの秒数 (標準外の拡張)
%S 秒 (00..60)
%T 時刻、24 時間 (hh:mm:ss)
%a ロケールの省略形の曜日名 (Sun..Sat)
%A ロケールの完全表記の曜日名、可変長 (Sunday..Saturday)
%b ロケールの省略形の月名 (Jan..Dec)
%B ロケールの完全表記の月名、可変長 (January..December)
%c ロケールの日付と時刻 (Sat Nov 04 12:02:33 EST 1989)
%d 月内通算日数 (01..31)
%D 日付 (mm/dd/yy)
%j 年内通算日数 (001..366)
%m 月 (01..12)
%w 週のうちの曜日 (0..6) (0 が日曜日)
%x ロケールの日付表現 (mm/dd/yy)
%y 年の最後の 2 つの数字 (00..99)
%Y 年 (1970...)

使用例

引数を指定しないで現在の時刻を表示する
$ date
2012年  9月 26日 水曜日 16:56:17 JST

指定したフォーマットで現在の時刻を表示する
$ date "+%Y/%m/%d%n %H:%M:%S"
2012/09/26
 16:57:27

世界標準時で現在の時刻を表示する
$ date -u
2012年  9月 26日 水曜日 08:09:48 UTC

今日が年の初めから何日目かを表示する
$ date +%j
270
目次
PR
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved