Linux Computing
  1. ホーム
  2. Linuxインストールガイド
  3. Pear Linux 6 のインストールと日本語化

Pear Linux 6 のインストールと日本語化

Pear Linux 6 は前バージョンの Pear Linux 5 と同様にUbuntu 12.04 がベースになっています。Pear Linux 5 では日本語化を簡単にはできませんでしたが Pear Linux 6 では改善されています。そこで、インストール後に日本語化します。

Pear Linux 6 の ISO イメージファイル pearlinux-6-x86.iso は Pear Linux の公式サイトからダウンロードできます。

インストールはダウンロードしたISOイメージ pearlinux-6-x86.iso からDVDまたUSBドライブを作成して行いますが、今回はDVDに焼いてインストールしています。インストール用のDVDの作成は「ISOイメージファイルの書込み方法」を参照してください。また、インストール用のUSBドライブの作成は「Linux Mint 12をUSBドライブから起動する」を参照願います。

Pear Linux 6 の起動

作成したDVDをPCのCD/DVD-ROM ドライブに入れて再起動するとブート画面が現れます。この画面が現れない場合、BIOS のブートメニューでCD-ROMドライブからブートできるようになっているか確認が必要です。「install - Install the system」にカーソルを移動して「Enter」キーを押下します。

installing-pearlinux6-01.jpg(25781 byte)

インストール言語の選択

インストール中の言語を選択します。言語を選択するウィンドウのスクロールバーを一番下にして出てきた「日本語」を選択して「続ける」をクリックします。

installing-pearlinux6-02.jpg(27137 byte)

Pear Linux のインストール準備

このまま「続ける」をクリックします。

installing-pearlinux6-03.jpg(46956 byte)

インストールの種類

ここでは、新規のハードディスクにインストールすることが前提としていますので「ディスクを削除してPearをインストール」を選択して「続ける」をクリックします。

installing-pearlinux6-04.jpg(32496 byte)

ディスクを削除してPearをインストール

このまま「インストール(I)」をクリックします。

installing-pearlinux6-05.jpg(34364 byte)

タイムゾーンの選択

デフォルトで「Tokyo」が選択されています。「続ける」をクリックします。

installing-pearlinux6-06.jpg(43728 byte)

キーボードレイアウトの選択

キーボードレイアウトを選択します。デフォルトで「日本語」が選択されていますが自分の環境に合わせて選択し、「続ける」をクリックします。

installing-pearlinux6-07.jpg(41815 byte)

ログイン情報の入力

ログインのためのアカウント情報を入力します。

installing-pearlinux6-08.jpg(39263 byte)

インストール中

インストールにはしばらく時間がかかりますのでコーヒーでも入れてくつろぎながら待ちましょう。

installing-pearlinux6-09.jpg(35436 byte)

インストールの完了

インストールが完了しました。「今すぐ再起動する」ボタンをクリックしてPear Linux 6を試してみましょう。

installing-pearlinux6-10.jpg(18901 byte)

ログイン画面

アカウントのパスワードを入力してログインします。

installing-pearlinux6-12.jpg(31200 byte)

Pear Linux 6 のデスクトップ画面

デスクトップ画面です。背景はデフォルトから「Galaxy」に変更しています。

pearlinux6_desktop.png(277019 byte)

Pear Linux 6 の日本語化

言語サポートをインストールして日本語化します。

デスクトップの下にあるPear Doc のシステム設定アイコンをクリックして「System Setting」ウィンドウを開き、「Language Support」アイコンをクリックします。

japanalize-01.jpg(40428 byte)

「The language support is not installed completely」と表示されるので「Install」ボタンを押してインストールします

japanalize-04.jpg(20929 byte)

「Language」タブで表示される言語のリストの一番下に日本語があるので、ドラッグして一番上に移動します。そして「Install/Remove Languages...」ボタンを押します。

japanalize-05.jpg(45520 byte)

「Japanese」にチェックを入れ、「Apply Changes」ボタンを押します。

japanalize-06.jpg(35984 byte)

「Language」タブの「Apply System-Wide」ボタンを押してシステム全体に適用するようにします。

japanalize-05.jpg(45520 byte)

標準フォルダーの名前を現在の言語(日本語)に合わせて更新するかを聞かれます。日本語にする場合は「名前を更新する(U)」ボタンを押しますが、ここでは「古い名前のままにする(K)」を押してフォルダー名は英語のままにしておきます。

japanalize-08.jpg(59992 byte)

再度ログイン後に反映されます。

japanalize-09.png(207573 byte)
目次
PR
コンテンツ
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved