Linux Computing
  1. ホーム
  2. Linuxインストールガイド
  3. CentOS 5.0 のインストール

CentOS 5.0 のインストール

CentOSは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)との互換を目指したフリーのLinuxディストリビューションで、Redhat社が無償公開したソースコードから商標、商用パッケージを除いた形でビルド、配布されています。

CentOS 5.0のインストールCDイメージCentOS-5.0-i386-bin-xof6.iso(xは1から6)は理研のミラーサイトからをダウンロードします。

6枚分のイメージファイルをそれぞれCD-ROMに焼いて、1枚目をCD/DVDドライブに入れて電源をいれます。インストール途中でCDの入れ替えのメッセージが表示されますので、それに従いインストールを続行します。

インストールモードの選択

インストール用のDVDまたはCD-ROMをCD/DVD/ドライブに入れて起動するとインストーラの起動画面となり、「boot:」の表示で[Enter]キーを押します。

install-centos5-01.jpg(55230 byte)

メディアチェック

インストールメディアのテストを行うかを聞かれます。テストはしないので[Tab]または[→]キーで「Skip」にカーソルを移動させ、[Enter]キーを押します。

install-centos5-02.jpg(25825 byte)

X Window Systemの起動

GUI でのインストール画面になります。「Next」をクリックします。

install-centos5-03.jpg(25529 byte)

言語の選択

インストール中に使用する言語を選択します。「Japanese(日本語)」を選択し、「Next」をクリックします。

install-centos5-04.jpg(35290 byte)

キーボードの選択

キーボードを選択します。日本語キーボードを使っている場合は「日本語」を選択し、「次(N)」をクリックします。

install-centos5-05.jpg(34718 byte)

パーティションテーブルの読込み

新規パーティションを作成するために初期化をするというメッセージが表示されます。新規にパーティションを作成し、フォーマットするので「はい(Y)」をクリックします。

install-centos5-06.jpg(50382 byte)

パーティションの設定

CentOSをインストールするパーティションを選択します。「選択したドライブ上のlinuxパーティションを削除してデフォルトのレイアウトを作成します。」を選択するとハード・ディスク内にあるLinuxパーティションを削除し,新たにCentOS用にパーティションを作成します。

「選択したドライブ上のすべてのパーティションを削除してデフォルトのレイアウトを作成します。」を選択するとすべてのパーティションを削除しますので,Windowsとハード・ディスクを共用(デュアル・ブート)するときは選択しないようにします。

「選択したドライブ上の空き領域を使用して,デフォルトレイアウトを作成します。」を選択するとパーティションに割り当てられていない領域にSentOS用のパーティションを作成します。

手動でパーティションを設定したい場合は「カスタムレイアウトを作成します。」を選択します。

install-centos5-07.jpg(38605 byte)

ネットワークの設定

ネットワーク上にDHCPサーバがある場合はそのまま、「次(N)」をクリックします。DHCPサーバがない場合は「編集」をクリックして表紙される画面で、「動的IP設定を使用する(DHCP)」のチェックを外し、IPアドレスとネットマスクを入力します。必要がなければ「IPv6サポートを有効にする」のチェックを外し、「OK」をクリックします。

ネットワーク設定の画面に戻って、ホスト名を手動設定して、ゲートウェイアドレス、1番目のDNSアドレス、2番目のDNSアドレスのIPアドレスを入力します。

設定が終了したら「次(N)」をクリックします。

install-centos5-08.jpg(33813 byte)

タイムゾーンの選択

タイムゾーン設定をします。「アジア/東京」を選択し、「システムクロックでUTCの使用」のチェックをはずしておきましょう。

install-centos5-09.jpg(39233 byte)

ルートパスワードの設定

システム管理に使用するルートパスワードを設定します。

install-centos5-10.jpg(24832 byte)

インストールパッケージの選択

インストールするパッケージ群を選択します。目的に合わせて、インストールするパッケージ群を選択します。インストール後でも「アプリケーションの追加、削除」でいつでも選択することができます。

install-centos5-11.jpg(44472 byte)

インストール準備完了

「次(N)」をクリック。

install-centos5-12.jpg(32806 byte)

ファイルシステムのフォーマット

フォーマットが開始されます。

install-centos5-13.jpg(30289 byte)

パッケージのインストール

ファイルシステムのフォーマットの終了後、ファイルのコピーが開始されます。

install-centos5-14.jpg(42997 byte)

インストールの完了

インストールメディアをCD/DVDドライブから取り出して、「再起動(T)」をクリック。

install-centos5-15.jpg(28168 byte)

ブートローダ画面

再起動後、ブートローダGrubのブートOS選択画面が表示されます。

5秒間待つとCentOSが起動します。

install-centos5-16.jpg(13427 byte)

CentOS 5の起動

CentOSの起動中。詳細を表示をクリックすると、起動中の詳細の確認ができます。

install-centos5-17.jpg(20977 byte)

ようこそ

これ以降「ファイアウォール」、「SELinux」、「Kdump」、「日付と時刻」、「ユーザーの作成」、「サウンドカード」の設定を行います。「進む(F)」をクリックします。

install-centos5-18.jpg(33195 byte)

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの設定を行います。外部からの接続を許可する特定のサービスにチェックを入れます。ここではデフォルトのままとします。

install-centos5-19.jpg(39041 byte)

SELinuxの設定

SELinuxの設定を行います。セキュリティ機能を有効にするデフォルト「Enforcing」のままで問題ありません。

install-centos5-20.jpg(32932 byte)

Kdumpの設定

カーネルがクラッシュしたときにダンプをとるKdumpを有効にするには「Enable kdump?」にチェックを入れます。今回は特に有効にはしていません。

install-centos5-21.jpg(34081 byte)

日付と時刻の設定

日付と時刻の設定をします。サーバから時刻を取得するには「ネットワークタイムプロトコル」タブで設定します。

install-centos5-22.jpg(39743 byte)

ユーザーアカウントの作成

一般ユーザのアカウントを作成します。ユーザ名とパスワードを入力します。

install-centos5-23.jpg(38971 byte)

サウンドデバイスの設定

サウンドデバイスが自動認識されます。正しく設定されていれば再生ボタンをクリックすると音が聞こえてきます。

install-centos5-24.jpg(43188 byte)

追加のCD

他のインストールCDからパッケージをインストールする場合は「インストール」ボタンをクリックして、CD-ROMをCD/DVDドライブに入れます。ここでは、追加のCDはないので「終了(F)」をクリックします。

install-centos5-25.jpg(25648 byte)

ログイン

以上で、インストールとインストール後の初期設定は完了です。ログイン画面が表示され、作成したユーザ名とパスワードを入力してログインできます。

install-centos5-26.jpg(13166 byte)

ログイン後の画面

無事にインストールが終了し、ログインした画面です。

install-centos5-27.jpg(18647 byte)
目次
PR
コンテンツ
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved