Linux Computing
  1. ホーム
  2. ハイブリッドISOイメージファイルの書き込み方法

ハイブリッドISOイメージファイルの書き込み方法

Linux Mint 12 LXDEでは"ハイブリットISOイメージ"が採用されています。従来、Linux MintをUSBメモリに書き込むには「LinuxLive USB Creator」や「Startup Disk Creator」といった書き込みツールが必要でした。Linux Mint 12 LXDEのISOイメージはハイブリットISOイメージとなっており、ddコマンドを使って直接USBメモリに書き込めるようになっています。書き込んだUSBメモリはブート可能となり、USBからLinux Mintを試用したり、インストールできるようになります。

ハイブリットISOイメージを採用するメリットとしては、USBメモリへの書き込みにツールを利用しない点や、迅速&簡単に作成できる点などがあげられます。これまでと同様に引き続き「LinuxLive USB Creator」や「Startup Disk Creator」との互換性も維持しており、ツールで作成することも可能です。

ここではddコマンドを使う方法と、グラフィカルフロントエンドを使用する場合、Windowsで書き込む場合について紹介します。

ddコマンドで書き込む

端末を開き以下のようにタイプするだけでOKです。

sudo dd if=~/Desktop/linuxmint.iso of=/dev/sdx oflag=direct bs=1048576

"~/Desktop/linuxmint.iso"はダウンロードしたイメージファイルを、"/dev/sdx"はターゲットとなるUSBドライブを指定します。ターゲットとなるUSBドライブのパスがわからない場合は

sudo fdisk -l

とすることで確認できます。

間違ったドライブを指定するとそのドライブのデータが全て削除されますので十分に注意してください。また、USBドライブのパーティションを指定する数字を含んで、たとえば"/dev/sdx1"というように指定してはダメなようです。

Linux Mint 12 LXDEでの端末で実行した例です。問題がなければ以下のようになります。

$ sudo dd if=linuxmint-12-lxde-cd-32bit.iso of=/dev/sdb oflag=direct bs=1048576
657+0 records in
657+0 records out
688914432 bytes (689 MB) copied, 189.861 s, 3.6 MB/s

imageWriterで書き込む

端末を開きimageWriterをインストールします。

$ sudo apt-get install usb-imagewriter 
[sudo] password for hoge:

imageWriterを起動し、書き込むISOイメージファイルとUSBドライブを選択して「デバイスへ書き込む」をクリックします。

imagewriter.png(66433 byte)

なお、imageWriterのバージョンによっては.imgファイルしか受け付けない場合があります。もし、.isoファイルを受け付けなかったときはファイルの拡張子を.isoから.imgに書き換えてから実行してください。

Windowsで書き込む

Windowsでは"Image Writer for Windows"を使って書き込むことができます。Image Writer for Windowsはhttps://launchpad.net/win32-image-writer/+downloadからダウンロードできます。

Win32 Disk Imager

Image Writer for Windowsを使う場合、ISOファイルの拡張子を.isoから.imgに変更する必要があります。Windows 7で拡張子を表示させるには、「スタートメニュー」-「コントロールパネル」-「デスクトップのカスタマイズ」-「フォルダーオプション」で表示タブを開き「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。

フォルダーオプション
目次
PR
コンテンツ
最近のトピック
週間アクセスランキング
デル株式会社
Copyright (C) 2017 Linux Computing All rights reserved